エスピトーム株式会社 文字の大きさ:標準 文字の大きさ:大 ページトップへ トップページへ法人のお客様向けサービス個人のお客様向けサービス企業情報採用情報お問い合わせ「護りたい世界がある」の写真

HOME < トピックス一覧

トピックス

セキュリティビジネス・有力企業に聞く我が社の戦略

ニーズにあわせ最適なプランを構築機械警備を核に幅広い事業展開を(静岡ビジネスレポート 1999年10月5日)

静岡県内全域をカバーするネットワークで地元企業に安全と安心のセキュリティシステムを提供しているエスピトームは機械警備と常駐・交通などの人的警備に加え、最近ではビルメンテナンス事業部にまで進出するなど積極的に事業を展開している。躍進を続ける同社の現状やこれからの営業戦略などについて、糟谷泉社長に話を聞いた。

―先頃浜松支社を移転したとのことですが。
糟谷 はい。浜松市海老塚にあった事務所が手狭になったので、市内布橋に三階建の自社ビルを建設して移りました。この春には富士支社も開設しましたので、本社を含め現在六営業拠点で県内をネットワークしています。

―貴社の機械警備システムの特徴について教えて下さい。
糟谷 業種や業態に応じて最適なセキュリティプランを構築していくのが当社の機械警備システム。最近ではわずらわしい鍵の受け渡しを自動化し、より安全性を高めた鍵の収納保管システムをビル管理の一環としてご提案しています。また介護保険法の導入が目前に迫り、今盛んに老人の在宅ケアが問題になっていますが、当社では一人暮らしの高齢者を対象にした「救命緊急通報システム」を十五年前に開発、普及に力を入れてきました。緊急連絡を受けて実際に警備員が高齢者の方を救急車で病院に搬送するなどの措置をした件数は毎年十数件にものぼっており、ご本人やご家族から大変喜ばれています。

―警備業では特に人材の教育や育成も大きな課題ですが。
糟谷 現在全社で約三五〇名の社員が在籍していますが新人研修はもちろん、管理職や幹部社員研修も選任の教育担当者を置き、徹底して行っています。社員の士気も高く、昨年は四ヵ月間で延べ八名の社員が犯人逮捕への協力により静岡南署や静岡中央書から表彰を受けており、当社としても大変励みになっています。

―ビルメンテナンス業務にも力を入れているとのことですが。
糟谷 常駐警備先のお客様からの強い要望もあって、昨年から本格的に取り組み始めました。警備業者が新たにビルメンテナンス業務を始めるというのは、ちょっと変わっているように思われるかもしれませんが、ビル管理業務を総合的に手がけていこうというのが当社の方針。建物内外の清掃から設備の運転や点検、維持管理、環境測定、駐車場の管理、受付業務までビル管理に関するすべてのことにお応えします。昨年設立したビルメンテナンス事業部が中心となって、現在新規顧客の開拓にも力を入れています。

―最後に貴社が今後目指していく企業の方向性について一言
糟谷 機械警備を核に交通誘導や常駐警備、さらにビルのマネジメントまで幅広く扱う総合警備企業を目指しています。地域に密着した営業体制で、これからも質の高いサービスを顧客に提供していきたいと思います。

このページの先頭へ