エスピトーム株式会社 文字の大きさ:標準 文字の大きさ:大 ページトップへ トップページへ法人のお客様向けサービス個人のお客様向けサービス企業情報採用情報お問い合わせ「護りたい世界がある」の写真

HOME < 法人のお客様 < エスピトームのAED

エスピトームのAED(自動体外式除細動器)

AED(自動体外式除細動器)とは?

AED:Automated External Defibrillator

AEDの写真  AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
 2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています。
 AEDは操作方法を音声でガイドしてくれるため、簡単に使用することができます。
AED使用の絵 また、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっています。
2014年中に一般市民の方がAEDを使用した事例は、1,664件となっています。
※ 平成27年版消防白書  

AEDの使い方

AEDは簡単3ステップ 音声ガイドに従って操作します

1.フタを開けると自動電源ON
AEDの使い方の写真1


矢印の絵
2.電極パッドを胸に貼る
AEDの使い方の写真2


矢印の絵
3.ボタンを押して電気ショック
AEDの使い方の写真3
 
AEDの使い方の写真4
  • 成人/小児モードの切替スイッチがあります。
  • 電極パットは成人/小児共通です。


心肺蘇生で救う命

つなげ救命の連鎖

 心停止や呼吸停止となる可能性のある傷病を未然に防ぐことが重要です。
心停止の可能性がある方を発見したら、できるだけ早く119番通報を行い、できるだけ早く胸骨圧迫・人工呼吸を含む心肺蘇生を実施しAEDを用いて電気ショックを行いできるだけ早く医療機関で処置をすることが、大切な命を救うことにつながります。

つなげ救命の連鎖の絵

心肺蘇生の流れ

心肺蘇生の流れの絵


講習会のご案内

一般市民による”電気ショック”認められる

平成16年7月1日より一般市民もAEDを使用した救命が出来るようになりました。

救急車の到着時間と救命成功率のグラフ  いざというときのために...
 いつでも、どこでも、だれにでも起こるかもしれないこと、それが心臓突然死です。年間5万人もの人の命を奪い、救命率も非常に低く、AED(自動体外式除細動器)による電氣ショックが唯一の救命方法でるといわれております。
 目の前で倒れている人が心停止の可能性がある場合には、一刻も早い救命処置が必要です。AED(自動体外式除細動器)を導入しても、いざというとき、すぐに使える人がいなければ意味がありません。
 
AED講習会の写真  エスピトームでは、セキュリティ面での社会インフラとして静岡県エリアでの更なる普及を推進するため心肺蘇生とAEDの使用方法を習得していただく講習会を行っております。
専任のインストラクターが受講者お一人お一人の修練度にあわせたきめ細やかな指導を心掛けております。
いざというときに備えて、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ


弊社 本社営業本部の電話番号
お問い合わせはこちら
 
エスピトームはAED(自動体外式除細動器)に関して豊富な知識でお客様をサポートします。


AED製品情報

カルジオライフ AED-3100

カルジオライフAED-3100の写真


簡単操作

充実したセルフテスト内容

定期交換部品

メモリ機能期

Bluetooth通信機能



弊社 本社営業本部の電話番号
お問い合わせはこちら
 
このページの先頭へ